PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

とどまらない進化

世界一のスパイラル

今年、まともにフィギュアを見たのは今日が初めてだったかもしれません。
...初めてなのにもうグランプリファイナルやん(;´Д`)


とまあ、それはさておき。
3年ぶりのグランプリファイナルを制した浅田真央の演技は、衝撃でしたね。


トリプルアクセルが2回入ってたから。


とか、そんな陳腐なことを言うつもりはないですよ(´∀`)
コーチの力によるところが大きいのかもしれませんが、アレンジが素晴らしい。

結局のところ、フィギュアってのは魅せるスポーツなわけで。

決められたジャンプ。
決められた構成。

その中で、いかに個を表現して観客を魅了するか。

いや、難しいんですよ。
スピンにしろスパイラルにしろ。
やってることは同じなんです。同じ技の中でも、ポジションの美しさやスピード、キレを磨いて点を稼ぐわけです。
結局のところ、どこかで1度は見ているスピンだったりジャンプだったりするわけだから、その完成度に感嘆することはあっても、技自体に感嘆することはあまりないスポーツなわけですよ。


でも、今回の浅田真央の演技は違った。

フリー4分間を休むことなく滑り続け、
コンビネーションジャンプの最後のジャンプで片手を上げたり、
スピンも今まで挑戦していない姿勢を取り入れたりと。。。


ただ、あまりにもプログラム構成がきついので、最後は完全なスタミナ切れでしたけども(・∀・;)


世界大会で女子初の、フリーでトリプルアクセル2回成功という快挙もあり、
今年のフリー演技の完成をぜひ見てみたいと思いましたねー(*´∇`)


見逃した人はぜひ見て欲しいですね。
テレビ朝日のホームページから動画が見れるので。
その内、アップされるでしょうd(´∀` )
スポンサーサイト

| sports | 2008-12-13 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。