PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

クローズド・ノート

午前2時。パソコンを立ち上げて今この文字を打っている。


一気に読み上げた 小説 クローズド・ノート


映画に魅せられ、そして今、原作の文章が生み出す物語に魅せられた。


 ------------------------------
教育大に通う香恵は、バイト先に客としてやってきた画家の石飛に恋心を覚える。誰かに相談しようにも、親友は海外留学に出ており、おまけにその親友の恋人から愛の告白をされてしまう始末。モヤモヤした気持ちを紛らわすかのように香恵が開いたのは、彼女が住む部屋の前の住人である、伊吹が忘れていった日記だった。日記に励まされたり、そこに綴られた伊吹の心情に共感するうちに、香恵の生き方は少しずつ変化を見せるのだが…。
 ------------------------------


主人公が共感する日記の内容は原作が――

伊吹先生の人柄は映画が――

主人公香恵の想いは原作が――


互いの足りない部分を補っている作品であると感じました。



物語の展開に関しては、やはり映画はオリジナルであり、

原作の展開を生々しく描写するには尺が足りなかったのかなという印象。



映画だけを見るとどうしても気になるだけの存在で終わる親友やその恋人に関しても、原作では香恵の心情に大きく寄与しているのが分かったり。



恋愛を題材にしているだけで、この物語の本質はそこにないというのが率直な意見。



物語の展開・表現力としては、やはり原作が上。

映画とは異なる原作のラストシーンには涙を禁じえませんでした。


儚



...改めて。


発言問題だけで敬遠している人は1度観る事をお勧めします。


映画を見ると原作のイメージが崩れるから嫌だという人もいますが
(私もそういう人間ですが)、


この映画はキャスティングが素晴らしいというのが、原作の読後に感じたこと。
(個人的には若干鹿島さんに違和感を感じますが)



そして――


映画と原作の両方から、

香恵と伊吹先生の出会いに胸打たれることをお勧めします。。。
スポンサーサイト

| novel | 2007-10-09 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

>英ちゃん
確かにどこかの記事にも、結果的に興行収入は落ちてないと書かれてありましたしね。むしろ現代人には珍しい感情的な人だから、評価が下がらないみたいな話も聞きましたし。
何はともあれ、私から言わせれば騒ぎすぎ。和田アキコうるさすぎ(((  ̄∇ ̄)ソレニゲロ(笑
>ガネ様
見てきました☆
私シングルは麻衣さん以外買いませんが、いいジャケでした♪
七さんの視線がGOODですd(´∀` )

| 燕 | 2007/10/10 22:52 | URL | ≫ EDIT

燕さん、久しぶりのコメントになります^^;

クローズド・ノートですかぁ~
エリカ様の騒動で一躍有名になりましたね~
と言うか結果的に宣伝にもなって良かったかな(爆)
分からないけど興行成績が良くありますように~♪

ガネ様お熱の燕さんに耳よりの情報がありますので
詳しくは我が輩の掲示板へお越し下さいませ~

| 英ちゃん | 2007/10/10 22:24 | URL | ≫ EDIT

>おうさま
一言。よいですよ♪ヽ(^∇^*)
良かったら貸しますが♪

ただ念を押すとすれば、
(3日ほど前にも書いたけど)
私は他人と映画の評価が一致しませんからね((  ̄∇ ̄)(笑

| 燕 | 2007/10/10 00:43 | URL | ≫ EDIT

発言問題だけで敬遠している一人です。

そうか。良いのか。

観たいなあ。

とりあえず、原作から攻めてみましょうか。ね。

| おうさま | 2007/10/09 23:19 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。