PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

鳥籠荘

久々に novel カテゴリからの更新となりますヽ(^∇^*)

最近、3ヶ月くらいかけて1冊の文庫を読みきりました(笑

ブール・ノアゼット



覚えている人は皆無であろう、半年前に「次に読む本のストック」として紹介していたもの。
いやぁ、私の小説を読む力が年々衰えているのは知っていましたが、最近はたかが1冊の文庫本に3ヶ月を要するように...(笑

でもでも、ストックの本が山積みされている状況は変わらないわけで。
8冊のストック小説が部屋の片隅に埋もれている現状もお構いなしに、1ヶ月前に購入した衝動買い小説...

鳥かご



鳥籠荘の今日も眠たい住人たち

最近自分の中でブームになっているのが、こういう何気ない日常を描いている人間くさい物語です。
ブール・ノアゼットも最初こそそういう空気を感じて読み始めましたのですが、どうにも中盤以降は...

これは、こういう話の流れに持って行きたかったのか...(・ω・`)??

というもやもやした思いが生まれ、最終的には今ひとつなものでした。

ですがこの「鳥籠荘」。
一昨日読み始めて残りが既に30ページ!! このペースでいくと3日弱っ!?

この小説は久々にヒットです♪
一風...どころか、変わり者だらけの鳥籠荘に集まった人々が織り成す人間臭い――ごくごくフツーの日常を綴った物語。
ゴスロリ小学生にネコの気ぐるみかぶったお父さん。不気味な双子老人にひきこもり美大生。
そんな変人たちのフツーの日常を綴った物語。(繰り返しますが

最近求めていたのはこういう小説なんです♪
ここまで面白いと感じて読んでいる小説は久しぶりです。
短編形式なのが残念なトコですが☆

こういう一風変わった登場人物ばかりが集まると、キャラが先に立ってお寒い内容になりがちですが、この小説はそんなこともない。上の文みたいに紹介されると変人な気がするけど、物語に読み応えがあるからキャラの個性がオプションみたいな印象として残ります。

自分の中では久々のヒット作♪
早速2巻を買い求めねば\(^▽^@)ノ


この小説の著者 壁井ユカコさんて、「キーリ」書いてる人なんですねぇ。。。
スポンサーサイト

| novel | 2007-05-31 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。