PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

芸人としてのね

私服センスはない。


フット後藤が語る“ツッコミ”の進化とは!?

まぁ、これは以前から思ってはいたことですが。
色んなバラエティ番組を見ていて、トークの面白い芸人と何も面白くない芸人て、はっきりしてるわけでして。
もちろん人間的な好みもあるでしょうけど、ここで言ってるのはトークの面白さ。
さらに限定して言えば、いじられた時のツッコミの返し方。

例えば「●●やん」とツッコまれて、「●●違いますよ」とか「誰が●●ですか」という、ただ否定で返すしかできない芸人。
これほどつまらない芸人はいないと思うわけです。
お前は素人か、と。
ここで笑いを取ってるのはいじった芸人のコメントであって、返した芸人に対しての笑いの評価はゼロなわけですよ。笑いも続かないし。

最近のバラエティ見てて、こういう返しが独特で上手いひな壇芸人は、ぱっと思いつく限りで有吉とかフット後藤、ブラマヨ小杉とか、こんなトコ。
フツー以上に上手い芸人さんはまだいるけど。
はんにゃ然り、フルポン、ピースもどこかで一皮むけないと、これから消えていくメンツでしょうね。


これはもうセンスというか、まぁセンスもあるんでしょうけど、純粋に頭の回転の速さだと思うわけですよ。
事前に用意してるお気に入りもあるだろうけど、その場その場で面白い言い回しができる芸人は個人的に好き。そしてこの世界で長生きするだろうなぁと思うわけです。


そして、そんな面白い言い回しで返せる人。頭の回転が速くて、面白い返し方が出来る人との会話は楽しいですしね。
そして、そんな人って、周りにも結構いるもんだと思うわけです。
何も芸人だから面白いってわけでなく。


まぁ。
ふと気づけば、自分はいったい何を語ってるんだというね。


ロンハーはこの辺のメンツの集め方が上手いなぁと関心するわけです( ´∀`)
スポンサーサイト

| daily life | 2011-08-15 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。