2006年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

130,000,000

今日やってたコレ↓

『1億3000万人が選ぶ!ベストアーティスト2006』


...ボク選んでなーい!(  ̄∇ ̄)(笑
スポンサーサイト

| diva | 2006-11-30 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

風邪撲滅

うーみゅ、なんだか私の周りで風邪が流行っておりますよ。

家に風邪引きが1人。会社もマスク装着が3名。横と後ろからもゴホゴホ言ってます。
うがいと手洗いは欠かさずやってますが。。。

あー、この時期に風邪引きたくないよーーー。。。。
だって、今週末には...


.

≫ Read More

| daily life | 2006-11-29 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

深い衝撃

少し日を遡って、11/26のジャパンカップ...

ディープはやっぱりディープでしたっ!!(≧∇≦)


信じてたけど、やっぱり今回のこのレースにかける名誉とか威信とかそういうのがあって、他人事(馬事?)ながらもすごく心配してました。
その日は仕事でしたが、昼頃に録画を忘れたのを後悔し、16:00頃にYahooニュースで結果を知り、帰ってからスポルトうるぐすでレース展開を録画しました☆(  ̄∇ ̄)

正にディープらしい勝ち方っ!!
いつもいつもあの末脚で勝てる馬は見ていて気持ちいいっスわ♪

年内引退を表明しているディープにとって有馬記念がラストラン。
昨日は天皇賞(春)と宝塚記念の録画を見直しました☆


フフフ...今度は録画を忘れませんよ(笑

| sports | 2006-11-28 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヤッフォーイ♪

今日帰ったら入金票が届いておりまして。
早速明日にでも入金するぞ!
...なんて意気込んだ矢先、ふとあることに気づきました。

...手持ちの金がない!!!Σ( ̄ロ ̄lll)

財布には微々たる小銭。

社会人か俺はっ!?

と、ひとつツッコんでみる。

う~ん。
金下ろさんと。3日後の休みまで待つか...

忘れんようにせんとねぇ。。。

| diva | 2006-11-27 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

〈小説〉ももたろう

――おことわり――
この物語は、昔話の「桃太郎」と一切関係がない...とは言いません。
が。
「桃太郎」とはまったく関係のない物語としておもしろおかしく読んで頂ければと思います。実際ほとんど関係ないです。純粋な少年心や乙女心を持った方はご遠慮下さい。社会の――延いては現実の厳しさを痛感します。言うなれば8禁です。きっとそのくらいです。
筆者のひねくれた世界観の中で歪んだももたろうの物語をお楽しみ下さい。
――――――――――



 昔々……
 7年近くも昔の西暦1999年くらいのお話。
 ある山奥におじいさんとおばあさんが、それはもうゴージャスに暮らしていました。夢の年金生活です。
 おじいさんは3年ほど前に開拓されてできたゴルフ場に、おばあさんはデジカメ片手に自然の風景をメモリに収めようとその日は都合よく川へ行っていました。
 おじいさんはその日、パットがうまく決まらずに苛々し、それがショットにも影響して大叩きしていましたが、物語の進行上まったく関係ないので割愛されます。
 川上から流れてくる巨大な桃を見つけるはずのおばあさんはと言うと――
 川のせせらぎに耳を傾け、うっとりした表情で澄み切った青空を眺めていました。ともすればそのままあの世に迎えられていきそうなおばあさんを現世に引き止めたのは、川上から聞こえてくる人の声でした。
「どん兵衛くいてぇ……どん兵衛くいてぇ」
 それは、社会の荒波に揉まれてふらふら歩いてくる浮浪者でした。いかにも会社をクビにされてお先真っ暗といった風です。
 おばあさんは思わずパシャリと、その姿をメモリに取ってしまいました。本日の一枚目。メガピクセル――画質は最高です。
 おばあさんはぽん、とひとつ手を叩くと、その者を思いつきで家に招くことにしました。
 そして、おじいさんが帰ってくるまでの間にいろいろと仕込みをします。今では時代劇の中でしか見ないような袴を着せ、
「おまえは今日からももたろうだ」
 と洗脳……言い聞かせます。これは、おばあさんの誰にも理解されることのない老後の楽しみのひとつでした。
 そこへ、スコア100を切ることができずに大層面白くないといった表情でおじいさんが帰ってきました。ゴルフバッグを玄関に放り投げてリビングへとやってきます。
 そして目にした、見も知らぬ時代錯誤的な格好をした大きな者に驚きます。
「あんた誰だ!?」
 おじいさんの驚いた顔におばあさんは満足します。慣れた日常に刺激を与えることだけが目的だったのです。
 そして。
「ももたろうです」
 彼はなりきりました。プライドがなかったのです。丸められた手の内側に福沢諭○が何枚か握られていたことは言うまでもありません。
 次におばあさんが発した突然の一言に、ももたろうは驚きます。
「鬼退治に行くのですよ」
「――えっ!?」
 さすがにそれは初耳でした。事前の打ち合わせにありません。しかし、おばあさんは有無を言わさず、手にしていたスーパーの袋を彼の手に握らせます。そして言い放ちました。
「出て行きな」
「…………」
 取りあえず袋の中を見やると、中身はたった3コの笹団子と、やはり数枚の福沢輸○でした。きび団子が笹団子になっていたのは、これは分かる気がするとももたろうは納得します。そして、物語の桃太郎がきびだんごだけで旅立ったことを考えれば、袋の中の福沢輸○は破格の前報酬だと彼の頭は打算しました。そのことに気づいてにんまりと表情を崩すと、ももたろうはすごくいい声で言いました。
「行ってきまぁすっ!!」
 それはそれは、とても晴れやかな顔でした。


――――――――――
 そして、ももたろうはなぜか、この現代社会において本気で鬼退治を目的とした旅に出ることになります。福沢輸○の力なのか、それともおじいさんが帰宅するまでの数時間、椅子に身体を固定された状態でヘッドフォン装着されていたことが関係するのか、その辺は適当に誤魔化したまま物語は進みます。
――――――――――



 下山途中に、ももたろうは野生の猿に出会います。
「もし鬼退治を手伝ってくれるなら、この笹団子をあげましょう」
 ももたろうは恥ずかしさを堪えて口に出しました。
 猿は気持ちいいほど首を大きく縦に振りました。
 ももたろうは笹団子をひとつ手に取り、猿の目の前に差し出します。
 しかし、猿は差し出した笹団子を手に取ると、颯爽と森の中へと帰っていきました。
 社会の厳しさ――それを会社の外でも痛感します。
 次にきじがももたろうの前に現れました。
「もし……」
 と言って一歩近づいた時点で、きじは驚いて飛びだってしまいます。
 当たり前です。鳥は人間を怖がります。
 そのことに気づき、鳥に話しかけてしまった自分にももたろうは赤面しました。咳払いをひとつして、ももたろうは鬼退治に向かう足取りを再開します。
 少し歩くと、捨て犬と思しき犬が一匹、くーんくーん、とか言いながら近づいてきました。
 見るからに雑種です。
 ももたろうは見なかったことにして先を急ぎました。無論、気持ち早足です。
「やっぱ犬はチワワだろ」
 ももたろうは変なこだわりを持っていました。
 しかし、笹団子を食べたところで体力が回復するはずもないあの瀕死の犬では到底鬼に敵うはずがないことを考えれば、ももたろうの一瞬の判断は優れていたとすら言えます。
 優しさはありませんが。
「あー、腹減った」
 ももたろうはきじにあげるはずだった笹団子を口の中に放り入れました。
「うめぇっ!」
 余りの美味しさにももたろうは思わず取り乱してしまいます。
 調子に乗り、ももたろうは犬にあげる分の笹団子まで食べてしまいました。中身のなくなった笹の葉を丸めますが、捨てる場所が見つからずにズボンのポケットにしまい込みます。その程度のマナーを持ち合わせていたのは、社会人としての二年の経験が物を言いました。
 田舎を抜けて町中に入り、目にとまったペットショップにももたろうは入りました。
「お!」
 チワワです。しかし高い。二十万と値札が貼ってあります。
「たけぇよっ!」
 でかい声でももたろうは文句を言います。しかしなんとしてもチワワを仲間にしたいももたろうは一度店を出ると、正面にあったコンビニのATM(現金自動預払機)から現金を引き出します。二年間の蓄えが役に立ちました。
 無事会計をすませ、首輪をつけたチワワを満足げに引き連れてももたろうは駅に向かいました。もはやただのペットです。仲間ですらありません。連行です。
 正直、チワワは『最悪だ……』と感じていたに違いありません。
 構内に入り、ダイヤを確認します。
「えーと、鬼が島は……と」
 そこまで言ってから、
「あるわけねぇだろっ!」
 自分で突っ込みます。よほど気分が乗っていたのでしょう。それほどチワワの存在は絶大だったといえます。
「どこにあんだよ、鬼が島なんて」
 悪態をついた次の瞬間、ももたろうは閃きました。ピコン、と頭の上に電球が点いた心地です。
「佐渡が島……か?」
 とんだこじ付けです。「が島」しか合っていません。
 しかしももたろうはそれでいいやと感じました。正直もう面倒臭くなっていたのです。
 鬼なんて退治しなくても世界は平和です。ん百年か昔に平和に関する世界的な条令が締結されたことくらい知っています。むしろ鬼より北朝○が怖いことも知っています。
「しかもたけぇし!」
 片道、乗車券と特急券をあわせて2万円を超えています。
 チワワの出費が正直痛いとももたろうは実感しました。しかし蓄えは十分でした。それにおばあさんからもらった福沢輸○が十枚以上、ポケットに入っています。
 それが桃太郎の今のハイテンションを支えていました。
 新幹線に乗り、到着した駅からフェリー乗り場にバスで移動、そして桃太郎は佐渡が島へ到着します。


――――――――――
 突然ですが、物語はここで終わります。
 勢いで書いたためのネタ切れもひとつの理由です。それは否めません。
 佐渡が島へ到着した桃太郎は、フェリー乗り場の売店でアルバイトをしていた女の子といい感じになり結婚します。そして1年も経たない内に本性を現した嫁と大喧嘩となり、裁判の末に勝訴して結構な額の財産を手に入れたそうです。
 ...つまり。
 この桃太郎は、鬼(嫁)を鬼が島(佐渡が島)で、(裁判での)戦いの末に勝利を収めてお宝(慰謝料)を手に入れたわけです。
 ちゃんちゃん♪
――――――――――

| おあそび | 2006-11-25 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

セルティックパークの興奮 = ???

何度もリプレイしましたよ! 
いやぁ、やってくれます! 魅せてくれます! 中村俊輔

これで欧州CL決勝トーナメント進出決定っ(≧∇≦)


ゴールネットを揺さぶった瞬間の興奮ったらもうっ!

アレです。ファイナルカウントダウンライブの開催を発表した瞬間くらいの衝撃でした!!(笑
さすがっ! 日本が生んだ(自分的には世界No.1の)ファンタジスタ☆
30mを射程範囲にするフリーキッカーはなかなかいませんよ!!
2戦連発の芸術FKに、マンチェスター・ユナイテッドも彼の名を覚えたでしょうね(  ̄∇ ̄)


久々のサッカーネタですけど。
サッカー大好き。中村俊輔大好きは変わっておりませんので...(*´ー`)

おらーっ、オシム☆
『欧州=松井だけ』みたいな言い方改めろーっ!!( ̄ー ̄ニヤリ

| sports | 2006-11-23 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

きれーなお姉さん☆

いやぁ、もぉ、一目惚れ状態っスわぁ...(*´ー`)

一目見た瞬間に、ズキュンって胸を打たれましたね...

これが実際に出会った女の子の感想なら健全な男の子なんでしょうが、

PCの画面なんだから『つける薬もない』わけです♪

Mai-K.netにて公表されていた白い雪のジャケット写真☆


きれー、っすわぁー...(*´ー`)


なんかもぅ、ジャケ写のためにCD2枚買う気すら出てきましたね(笑

ファイナルで涙したからかもしんないけど、ここまで発売日が恋しい作品は記憶にないです。。。
麻衣さんのCD・DVDの発売日はいつも待ち望んでるけど、今回は自分でもちょっと異常だと気づいてるほどですからね...(゜▽゜)

あ~っ♪ はーやぁくぅ来ぉいー来ぉいーじゅうにがつはぁつぅかぁ~♪ 
相当字余り☆

| diva | 2006-11-22 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

抽選にて

ありがとうございます。

ありがたくこの結果を受け止めさせて頂きます...



とゆーことで。

当選しておりました、麻衣さんのカウントダウンラーイブ

まずは第一の難関突破です。

続いては、年末年始の忙しいタイミングで私が休めるかどうか...(直属の上司に逆らってでも休みますが

12/29,30は仲間と1泊2日の温泉旅行の計画もあり、この分も休むとなると4連休。
普通の会社なら年末年始の4連休なんて当たり前の所がほとんどで(もっと休める所が多いでしょうけど)、ウチは普通じゃないので...(_´Д‘)
マジで労働監督署とか抜き打ちでやって来て欲しいくらいですからねぇ。。。
年に複数人が鬱になる会社ってどんなんじゃ...こないだも精神的にやられた管理職が1人入院してたし...今年3人目...
おっと、誤解ないように。人間関係はすこぶる良好ですから♪
ま、これが良くなければこの会社はもぅ存在してないでしょうね(笑
こんな絶対君主制みたいなトコ。
↑ちょっと今日は仕事で溜まってるので...鬱憤晴らし♪


話を戻して。
できれば4日休みたいけど、どちらか取るとなったら...

モチ、迷わずカウントダウンです (((ヽ( ゜∀゜)ノ  → 横浜

抽選で残念な結果が出た方もいらっしゃるようで、当選したチケット分を無下にはできませんからね。
当選された方は、責任を持って参加して欲しいと思います。

| diva | 2006-11-22 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

衝動買い

ちょっと今日は、最近読んでる小説の話。

移設前のblogでもnovelのカテゴリーはあったけど、数回くらいしか更新してなかったし、こっちでは読み終わった――もしくはこれから読もうとしている小説の紹介などしていこうかということをぽっと思いつきました。思いつきなのでどのくらいの更新頻度になるかはご想像できるかと思いますが、あしからず...( ̄ー ̄ニヤリ

で、改めて書きますが、私が読むのはもっぱらファンタジー小説です。
世間ではライトノベルなどと言われたりしてますが、この表現は『軽い』というイメージが付き纏っているので嫌いです。私は絶対使いません(_´Д‘)


話を戻して。
最近読んでいるシリーズはこれ↓

キノの旅6

《骨牌使い》の鏡3


こういう小説が好きな方にはお馴染みのシリーズかと。

キノの旅』は3ヶ月くらい前から手をつけ始めましたが、人気の理由が分かりますね。登場人物は、喋るモトラド(二輪車バイク)のエルメスと、それにまたがり世界を旅する主人公キノ。
短編形式で、基本的には1話につき1つの国のお話になっています。1つ1つの国が個性的で、それぞれのお話にその国だからこそ持ち得る人間の『複雑な人間感情』が盛り込まれていて、読者を飽きさせません。
小説を読む時間がない人でも、1話は長くて50ページくらいしかないので、手軽に手をつけられると思います。

《骨牌使い》の鏡』は、日本ファンタジー小説の金字塔とまで評された傑作です。今回○年振りかに文庫化され、全3巻で書店に並んでいます。
読めば分かります。これこそファンタジー小説であると☆
まだ最終3巻を読み始めたばかりですが、面白いことは疑いないです。ですが、最近私自身、のめり込む小説が減っている理由の1つである、登場人物が少しごちゃついている――という印象をこの小説にも受けます。読む時間があって、一気に読破できる人には問題ないんでしょうけど、1日30分くらいで、しかも中2日読む時間がない...みたいな人には厳しい気が。。。横文字のややこしい名前が複数人出てくると、途中から誰が誰だかよく分からなくなってきて物語全体がよく分からなくなってくる気がするんですよね...
私みたいな人には『キノの旅』の方がお勧めですね。
ただ、世界観や物語性を重視する人には『《骨牌使い》の鏡』をお勧めします。


とまぁ、今上の2つのシリーズを平行で読んでますが(一方が短編だから成せる)、もう次に読む本がベッドの横に積んでありまする。

ブール・ノアゼット

機械仕掛けの...


ブール・ノアゼット』は、昨日本屋に立ち寄った時に衝動買い。大体タイトルと、最初の2,3ページを読んで面白そうと感じるとそのままレジに直行します(笑
読者の読書意欲をかき立てる入りが重要なわけです。
機械仕掛けの蛇奇使い』は、もう1年くらい前に買ったんだけど、上のように衝動買いした小説を優先的に読むもんだからなかなか手がつけらんない。
むむむ...(・ω・`)


こういう小説って、大人になるとなかなか手がつけらんない人がいるみたいだけど、そんなことはないと思いますね。
そういう人って、大体こういう小説を「ライトノベル」(所詮子供を対象にした軽い小説、みたいな偏見)と思ってたりするんでしょうけども。。。

そんなことはないっ!!!( ̄□ ̄;)

と声高らかに叫びたいです。
中にはキャラだけが際立っていて物語性の薄いお寒い小説なんかもありますけど、そういうのは一部だけだと思いますよ。
少なくとも上の2冊は、キャラが際立っているわけでもなく、登場しているのはごくごく普通の人間。ただ、舞台が現実には起こりえない世界にいるだけで。
ハリーポッターと何ら変わらないですよね。ま、私はハリーポッターを読む気はないですけど。あぁいう外国の著作を日本語に訳してる小説って、訳した人次第で面白くもつまらなくもなるので、あんまり手が出ません。登場人物の性格とか物語性は変わらないでしょうけど、小説の命は描写――表現能力にあるわけで。その肝心な部分について原作の良さが分からないのに、訳された文章を読む気にはとてもなれません...


作者の想像で創られた世界で、創造された登場人物が織り成す感動あり、涙ありの物語――

...ファンタジーすなぁ...ファンタジィすよぉ......(*´ー`)

| novel | 2006-11-21 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

大丈夫かよ、FC2...

先日11月17日の記事にも書いていたFC2ブログサーバーのディスク障害...まだ本復旧していなかったのか、それともまた起こったのか分かりませんが、気づいたら11月18日の記事も消えてました。

おいおい大丈夫かよ。FC2...(_´Д‘)

今日は別の記事をアップしようとして、実際にアップしたら1つ前の記事がトップ画面から消えていることに気づいて管理画面を見たら...

Σ( ̄ロ ̄lll)

なわけですよ。
一度その記事がアップされたトップ画面がキャッシュに残ってるから私のPCでは気づきませんでしたが、もしかしたらこの2日間、個別記事が開かずにまたまたご迷惑をおかけした方たちがいると思うと、申し訳なく...またFC2に対してため息しか出てきません...

FC2からのコメントは11/17の気づいた時から変わってないし、その1日後にアップした記事がまた消えたってことは、コメント出した1日後にまた何かが起こったってことだろうに...無料とはいえサービスを提供してるんなら、報告くらいちゃんとしろっ!! と言いたいわけですよ。まったくもぅぶつぶつぶつぶつ........

システム管理や運用が大変なのは身を持って知ってるけど、ユーザー離れってこういうとこから起こってくもんだというのを再認識して欲しいですな。
本当にもぉぶつぶつぶつぶつ.......(笑


P.S.11月18日の記事もキャッシュから戻しました。

| daily life | 2006-11-20 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

倉木麻衣の成分

mixiにて発見した、あなたの構成成分を分析するこの 成分解析 on WEB にちょっと今ハマってます(゜▽゜)

これは何かってゆーと、入力した『言葉』の成分を分析してくれるもの☆
ま、聞くよりやった方が早いですから、やったことない人は是非やってみて下さい♪
ちなみに自分の名前『燕』の成分分析結果はというと...


燕の57%は砂糖で出来ています
燕の27%は気の迷いで出来ています
燕の9%は心の壁で出来ています
燕の4%は言葉で出来ています
燕の3%はアルコールで出来ています


といった感じ。
糖尿病患者かっ!!ヽ( ̄□ ̄;)ノ
という突っ込みもありつつ、よく見ると精神科にも通った方がよさそうな気すらしてきます。
むー(・ω・`)


と。自分のことはさておき、次に気になるのはやっぱりこの人 倉木麻衣
結果はこんな感じで...


倉木 麻衣の52%は魔法で出来ています
倉木 麻衣の31%は睡眠薬で出来ています
倉木 麻衣の8%は気の迷いで出来ています
倉木 麻衣の7%は言葉で出来ています
倉木 麻衣の2%は成功の鍵で出来ています



おっ♪ 何だかイイ感じじゃない???(゜▽゜)
とゆーことでちょっと成分別に検証してみました☆

■52%の『魔法』
これは納得の成分♪ 私らファンはみんな彼女の魔法の虜ですから☆ そうするとアレか! Stepping∞outの「自分に魔法かければ~」ってのは本当だった!!(≧∇≦) というわけですな☆

■31%の『睡眠薬』
麻衣さんの歌声は、いつも私らの心と身体を癒すリラクゼーションですからね☆ 彼女の歌声で眠りに落ちるのは至福です...(*´ー`)

■8%の『気の迷い』
これは天然成分ですねヽ(゜∀゜ ) (笑

■7%の『言葉』
励まされたり、勇気づけられたり、元気になったりと...
メロディーに乗せた麻衣さんの言葉には見えない力があるので、納得♪

■2%の『成功の鍵』
これがなければ今の麻衣さんはないわけで...
彼女の構成の土台にこれがあるのは至極当然の結果なわけです☆


うんうん。素晴らしいぞ倉木麻衣
名前の響きの美しさに加え、名前の構成成分まで見事なことが判明しました!!(≧∇≦)

興味を持った方は是非一度やってみては??? (((ヽ( ゜∀゜)ノ

| daily life | 2006-11-18 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

キャッシュでした...

↓見つけたっ!!!Σ( ̄ロ ̄lll)

残念なお知らせ



にゃるほどねー。なら仕方な...

くないわーーーーっ!!!ヽ( ̄□ ̄;)ノ


えーん。
とゆーことで過去2日分の記事が消えてしまったわけです。
地球外からやってきて地球人の目には見えなくなる秘術を使って今もあなたの部屋の片隅に堂々と立ってニヤリとニヒルな笑いを浮かべている怪しい地球外生命体的な銀色の存在の陰謀ではないわけです。(怖いわ

1つ前の記事はキャッシュで見れた画面をテキストコピーして復旧させましたが、『ちょいちょい、Mai-K.netさん...』の力作記事はコピーし忘れで復旧不能に...Σ( ̄ロ ̄lll)
どなたか記事のコピーが可能な方はメールフォームなりコメントなりに貼り付けて下さい。。。(多分むずかしぃだろーなぁ...

更にコメントの復旧は無理でした。(画面が開かないので...
知ってる範囲で はるなさんとpeaceさん。そしてそのコメントの返信をしていた燕さん(俺だし)、本当にすいませんでした。。。


ま、無料サービスのブログサービスを使わせて頂いているので、バックアップシステムのなんたるかについては語りません♪(○゜ε^○)
有料だったら文句タラタラですよ☆

こういう時のための「データバックアップ機能」も管理機能にあって、それを使っていなかった私も危機管理がなっていなかったというわけですな。
...うむ。この教訓を今後に生かそうぞ☆(笑



P.S.Yahooで検索したら当時の記事のキャッシュが見つかりました☆
  掲載日時は違いますが、熱く語った『ちょいちょいMai-K.netさん...』を
復活させました♪
  あ~、よかった...(コメントは残念でしたが

| daily life | 2006-11-17 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

(・ω・;=;・ω・)キョロキョロ

なんだか今ちょっと理解不能な現象に悩まされてます...

自分のブログ。トップで見ると11月15日と16日に更新した記事が見えるけど、管理画面の「過去の記事の管理」には出てこない。。。
それどころか、コメントとかトラックバックとか、カレンダーの日付をクリックした時の「個別記事の画面」も出てこない。。。
でも11月12日以前の記事は普通に見れるし、管理画面にも出てくる。。。

....何で???(・ω・`)

FC2ブログを使いこなせていないから???

それともトップで見えているのはキャッシュ???

記事が消えてる???

ん? んんんんん?

....

.........

...............プスプスプスプス...


うがぁっ!! 
家帰ってきてまでこんな仕事の延長みたいな、システム調査なんてしたくなーーーーーいっ!!!ヽ( ̄□ ̄;)ノ


...って、この記事アップしても表示されるとも限らんな。こりゃ...(゜―゜;)

| daily life | 2006-11-16 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

We love wii ♪

うふふふふふふふふ...♪


とまぁ、怖いったらありゃしない笑い声から入りましたが、前回更新のシリアスを吹っ飛ばすテンションでの更新です(  ̄∇ ̄)

突然ですが、ワタクシもう我慢できません。
これ↓☆

うぃい


ここ4,5ヶ月くらいまともにゲームなんてやってないし、ゲームに飢えてます☆ でも今発売されてるハードとソフトでやりたいゲームがないし。
PS3は購入の検討すらしてませんよ。高いだけで全然魅力を感じないし。
FFとかDQが出ればWEと併せて検討しよっかな♪ てなレベル。


でもWiiはもう予約しました(≧∇≦)
mixiでも書いたけど、「本体」+「ソフト2本(Wii Sportsとゼルダ)」+「メモリーカード」+「5,000円分のプリペイドカード(クラシックコントローラ付
これだけ買ってもPS3の本体より安い☆ どうですか奥さん♪(笑

ゲーム市場はSONYのPSを軸にこれからも動いていくかと思ったけど、ここにきてのNintendoの逆襲。
多分、今回はNintendoが盛り返すと思うんだよな~

やるな~、Nintendo☆

| daily life | 2006-11-15 | comments:1 | TOP↑

≫ EDIT

ちょいちょい、Mai-K.netさん...

日付変わって昨日届いていたカウントダウンライブの申し込み用紙☆
まず封筒を見て驚いたのは「パスワード」が書いてあることΣ( ̄ロ ̄lll)

でもまぁ、
きっと、Mai-K.netにログインして(会員証明して)から使うパスワードなんだな
なんて思って申し込み手続きを見て――そして実際に画面を開いてみて驚かされるわけです。
サイトのURLさえ知っていれば、封筒に書かれている情報だけで申し込みができてしまうという事実....

正直、愕然としましたね...

多分これを書いている頃には封筒はほぼ配達済みだろうから書きますけど。
情報セキュリティとか、うるさく言われている昨今。
個人情報流出。機密情報漏洩。
かくいう私も、勤める会社がこういう情報ばかり取り扱っているので、IDとかパスワードがどれだけ重要なものか、ある程度理解しているつもりです。。。
今回のこのパスワードは、別に個人の重要情報が引き出せるわけではないですけど、悪意ある人の手に渡れば悪用はできるわけです。

会員に成りすましてチケットを申し込む――

本当の会員本人は申し込んだ覚えがないのに当選している――

当然その会員は申し込んだ覚えがないので振り込まないでいると、次回チケット申し込み時に不利になる――


...これは考え過ぎでしょうけど、こういうケースだって想定されるわけです。しかもこのケースの場合、会員本人はMai-K.netのブラックリストに載ってしまっていることを知る術がないわけですよね。。。


ウチの会社だったら、パスワードを封筒に書くなんて方法を取ろうものなら――そもそもその案を提案した瞬間に、呆れられた顔で「できるわけないだろ」的なことを言われるのは目に見えてる話なわけで。
もう少しセキュリティを考慮した手法は考えなかったんでしょうか...

?パスワードを書いた紙を封筒の中に入れる 
?Mai-K.netログイン後のページにパスワード照会機能を作る 
?今回の申し込みフォーム自体に、Mai-K.netログイン時のパスワードも使って二重パスワード認証にする


?と?は開発を要して即時対応不可能だとしても、?は人を増やして対応できたのでは?? 時間がなかったとしても、情報セキュリティとコストと...どちらが大切だと思っているのか不思議でなりません。
そもそも封筒から会員Noの印字を外すだけでもかなりの対策となったはずなんですよ。。。

こういうことをやってると、
Mai-K.netは情報セキュリティ対策がなってないんじゃないの???
と思われても仕方ないと思います。残念なことですが...
会報を見てても、会員数は4万人を超えていて、それだけの個人情報を取り扱っていて、個人情報取扱事業者に該当しているわけです。
仮にこういった情報セキュリティを外部に委託していたとしても、Mai-K.netが今回のこのような事実を知らないはずもなく、責任は双方にあるわけで...

...今後は、このような会員を心配させるような(私が勝手に心配してるだけかもですが)行為はきっぱりとやめてもらいたいものです。


前述しましたが、個人的には、いつも封筒に会員番号を記載するのもやめた方がいいと思いますけどね...
配達に必要な情報でもあるまいし、記載する必要は一切ない。
会社と社員番号」。この組み合わせは個人が特定できるので個人情報です。
Mai-K.netと会員番号」...言うまでもないですね。

いくら封筒には名前が書いてあるとはいえ、必要以上の情報を、他人が目にできるところに大っぴらに表示するのはよくないと思いますよ。ほんと。



ま、色々と思うところを書き綴りましたが、チケットは申し込みますよ♪
それとこれとは話が別ですからね\(^▽^@)ノ

| daily life | 2006-11-14 | comments:1 | TOP↑

≫ EDIT

SAYURI の演技

今熱い氷上のスポーツ“フィギュアスケート

自分がこのスポーツを好きになったのは、2002年ソルトレークオリンピックで金メダルを取ったサラ・ヒューズのフリーの演技。
以降、鳥肌を覚える程の演技は記憶にない。
すげぇ...」とか「きれぃ...」という感想を抱いた演技は数知れないけど☆

の競演。

でも採点方式が変わってから、技の完成度(特にジャンプ)に磨きをかける選手が増えてきて...
フィギュアって魅せるスポーツじゃないの?? 表現力とか芸術点をもっと評価しろよ!!!
と。口を酸っぱくして言いたいわけで。
(その点、トリノで金を取った荒川静香選手の、得点にならないけど観客が望んでいるイナバウアーを演技構成に入れた心意気は天晴れ♪)

で、昨日放送されていたグランプリシリーズ第3戦。
注目していたのは中野友加里選手。去年まで彼女に抱いていた印象はといえば、
スピンは日本一。ジャンプもステップも全体的に高いレベルで纏まっているけど、何かひとつ物足りなさを感じる。。。
そう。どこかモッタイナイ...という印象を受ける選手だった。

で。昨日の放送で流れていたショートプログラムの演技。
映画SAYURIの曲に乗せて氷上で彼女が演じた2分50秒の感想は...
「...........................」
言葉が出ませんでしたね。。。
我に返ってからの印象は「きれい」の一言。
映画SAYURIの主人公を見事に演じきっておりました。
本人も意識したという『目線』、手で表現した『扇子』、その他細部に至るまでの細やかな足運び、指先まで神経の行き届いた手・指の動きなど...

フリーでは所々でジャンプのミスが響いて得点は伸びなかったけど、「シンデレラ」もなかなか見事に演じられていたと感じられるものでした。フィニッシュの直前にジャンプを入れる構成も見事! 

最終的には、1つ下の3位でスタートしたハンガリーの選手が逆転で優勝しましたが、正直「あれが逆転の演技???」と納得できる演技には思えませんでした。。。
解説者は「2つのジャンプ(の高さ)が素晴らしかった」ってフォローしてたけど、その解説者もその他のジャンプが不出来だったのは認めるところだったし...

ま、ここまでの3戦で、力ある選手が出揃った感はありますが、やはり今年も日本はレベルが高いですわ。
安藤美姫選手に、浅田真央選手、村主章枝選手、そして中野友加里選手。

次のバンクーバーに一番期待を寄せたくなったのは今回の中野友加里選手ですね。ショートの演技はまだまだ演技の魅力に磨きがかけられるはず♪ 会場全体を虜にできる魅力があの演技に、そして彼女の表現力にあると感じました♪

ついでになるけど、男子のフィギュアも見ますよ(笑
織田信成選手と高橋大輔選手。2人とも世界のトップレベルなので、見ていて感嘆のため息が漏れますね☆


P.S.まだまだこれからのグランプリシリーズ。
  中野友加里選手の演技を見る機会はあると思うので、
  興味のある人は映画SAYURIを見ることをお勧めしますよ☆
  ワタクシ昨日だけで5回はリプレイしてました\(^▽^@)

| sports | 2006-11-12 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

女バ

すげぇっ!!

マジ興奮した。

やっぱ女子バレーは盛り上がる☆

ホントは今日別のスポーツの感想で更新しようと思ってたけど、余りに劇的な勝利だったから予定変更した♪
で、同じ時間帯にやってた別のスポーツ見てたから、この試合の経過は下の形でしか知らなかった。

8:15頃 2セット連取されて3セット目が始まる。
     あ~負けたな。。。と思った。

9:00頃 3セット目を取り、4セット目の終盤。
     日本がリードしてる。
     え...このセット取れる!? と期待を抱かせる。

そして最後まで見てたら、2セット取られた後の3セット連取で日本の逆転勝利!! \(^▽^@)ノヤホーイ
相手は今大会負けなしだったセルビア・モンテネグロ

うーん。この先の道のりは険しいけど頑張れニッポン♪

| sports | 2006-11-11 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

声 -voice-

好きな歌ばかりを集めてベストCDに♪

なーんてことは、パソコン持ってるほとんどの人がやっていると思いますが。MP3だとCD1枚にいっぱい入るけど、好みの曲順にして入れるのはメンドくて...

となると、その時々のベストCD♪ て形が多いと思うんだけど、CD1枚には16-7曲くらいに絞り込む必要があるから、新曲が出るたびに作り直さないといけないのが困りもの...(・ω・`)
聴きたい曲は季節とか気分によって変わっちゃうし...(_´Д‘)

で、しばらく前から私が選曲してる基準が「」♪

ファンだからそう感じるのかもしんないけど、麻衣さんの歌声はすごく変化に富んでいると思うんですよね。自分はB'zなんかに特に感じるんだけど、新曲が出ると「前もこの曲出してたでしょ???」って。
結局のところ、『似た曲に同じ歌声』って感じちゃってるんですよね。。。

その反面、麻衣さんは曲調に合わせて声質をすごく上手く変化させてるよな~...と。
改めて感じたその瞬間に、Voice of Mai Kuraki というCDを作り、ここ2ヶ月くらいずっと、この歌声たちの織り成す世界を楽しんじゃったりしています♪


1.Honey,feeling for me
2.Love,needing
3.Just Like You Smile Baby
4.Reach For The Sky
5.ホログラム
6.LOVE SICK
7.Key To My Heart
8.Time After Time ~花舞う街で~
9.Fantasy
10.Moon serenade,Moonlight
11.Kiss
12.Loving You…
13.Happy Days
14.会いたくて...
15.冷たい海
16.Delicious Way
17.State Of Mind
18.chance for you


ちなみにDIAMOND WAVEツアーが始まってから
I sing a song for you」 → 「会いたくて...
になりました☆

自分的にこのCDから絶対外せないのは「Love,needing」と「ホログラム
あんまりファンの評価が高くないみたいだけど、Love,needing の艶っぽい声は大好き♪ その反面ホログラムのような素の声に近い‘自然の美しさ’を感じる声も大好き♪


新曲が出ても変わらない...みたいな書き方したけど、白い雪は多分(間違いなく)入る☆

12月20日で作り直しだーーーっ\(^▽^@)ノ

| diva | 2006-11-10 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

ぽつりとひとり言...

やべ。最近 mixi ホッタラカシだ...(_´Д‘)

| daily life | 2006-11-09 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

倍率ドン!

Mai-K.netにて公開されてたカウントダウンライブの申し込み☆

うーみゅ。かなりの倍率になりそうな...
happy liveとまではいかないけど、応募者全員参加OK! てなわけにいかない空気がプンプンですな...(゜―゜;)
大晦日で回避する人も多いんでしょうけど。
「振込み先行」じゃなくて、まずは「抽選」という入り方も多分初めてのハズ...☆

あー、行きたいなぁ...ヽ(´□`。)ノ

でもダメだったら...1/1,2を出社して正月手当て2万円もオイシイよなぁ...(笑
過去3年連続もらってるしなぁ...(笑

イヤイヤそんな考えはダメだ!!

今年は12/31と1/1は来れません。なぜなら横浜に行くから!

って絶対(棒読みで)言ってやる!!(笑


...とまぁ。
それも抽選の結果次第なわけでして。
今一番気になってるのは、11月中に抽選結果が出て欲しいなぁ、ということです。
残念な結果になったら、きっぱり諦めをつけて2万円に切り替えられるから♪



...何かタイトルの言葉を言うクイズ番組が昔あったような...???

| diva | 2006-11-08 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

待ってました~♪

パンっ! (←クラッカー

いや~、気持ち的にはホント ↑上 のような感じでしたね♪

さいたまのファイナルが終演して1日、2日...3日。ここまではせっかちな私も平常心で待てました☆
でも秋も深まり(←あんま関係ない)、11月に突入し...

「あれ?」
「...まだ?」
「???」
「...え? ...なんで??」
「いやいや。え...うそ!?」
「ま、麻衣さ~~~ん......ヽ(´□`。)ノ」

と情けない声を出した翌日の今日! ついにファイナルのコメントが公開されました♪♪

で、もしやと思って見ると、こっちまで☆↓
      倉木麻衣の地球にちょっと良い話


なんかもぅここまで溜められると、‘コメントの中身の嬉しさ’よりも、‘いつも通りの麻衣さんの言葉で、普通に公開してくれたことの嬉しさ’の方が強いですね☆ 安心というか...(ホッ...


よーし!

じゃあ、これからコメントの内容を読みに行きマース♪(笑


...公開だけ確認して帰ってきた人でした(≧∇≦)

| diva | 2006-11-07 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

渋谷飛鳥

↑ 皆さん知ってます?

なんだか自分が麻衣さん以外の女性をブログに引用するのは、めっさ久しぶりな気がしますが☆
いやね。
今日1日休みで、夕飯時に家族で『ネプリーグ』を見てた時にこんな問題が出たんですよ。

問題:ことわざです。
   「江戸の敵を□□□□□」
   □に入る言葉は何でしょう??? (5文字)

というもの。

うん。まぁ自分はさっぱり分かりませんでした☆
分からなければボケてしまえ! というのが関西人の血なわけで(いや私の身体にはンなもん1ccも流れてませんが

あれだな。『平成で倒す』!!

とまぁボケて、ボケ自体は妹にも一笑に付されてマァマァの出来だったわけですが(ホントか!?

で、その次が問題。
回答に移り、出演していた彼女が全く同じボケ(...真剣?)をカマしてくれたわけですΣ( ̄ロ ̄lll)

いやぁ、何だか親近感が湧きました☆

で、さっき調べてみたら同じ県民だったり。


...いや、私の回答はあくまでボケですから(笑
渋谷さんも、ボケ...ですよね???(゜▽゜)

| daily life | 2006-11-06 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

一般公開

さてさて、本日より本格的にこちらのブログで活動を開始していきたいと考えてます。
以前の Livedoorブログ の方に訪問して下さっていた方は、今後もどうかひとつ、こちらの方で宜しくお願いします☆


で、このFC2ブログなんですが。
元々は創作小説公開用のブログを別に立てるつもりで計画してきました。

計画に支障がきたされたのは何週間か前。
突然、友人の勧めで mixi にも参加することになって、

麻衣さんはLivedoor。小説はFC2。え、じゃあ日常はmixiっ!!???

みたいな感じで考えただけでも面倒臭くなり、麻衣さんと創作小説は1つにまとめて、FC2で心機一転♪ と考えてのスタートなわけです。
いずれはmixiの日記の参照先をこちらに変更して、全部ここで一括管理♪ にする考えもありますが、それは我が事なのにどうなることやら分かりません☆(笑


ブログタイトルを one more time... から always... one more time に変更したのには2つ理由がありまして。

1つはリニューアル感を出したかった♪(本音

てのと、もう1つはこのタイトルに込めた想い

これからも――
いつも――
いつまでも――


持ち続けていこうということを、 10月28日 に再認識したからです♪
頭文字の always はその意思の表れです。


と、ゆーことで。
追加コンテンツの要素である創作小説がどのくらいの頻度で更新できるのかこれまた自分でも分かりませんが(分かれよっ!
しばらくは貯めてたものがあるので、小出しに小出しにそれはもうじれったくなるほど勿体つけながら公開していきまーす☆(笑

ではでは~。

| daily life | 2006-11-05 | comments:3 | TOP↑

≫ EDIT

夢から覚めたい... - 1 -

......

一寸先も暗闇の、一面真っ黒な世界。

明かりもなくただそこに自分がいる。

A「ここはどこ……?」

ぽつりと呟いた自分の声に応える者がいた。

B「ここは君が見ている夢の世界さ」

A「僕の……?」

B「そうさ」

A「なんで僕の夢なのに君が言い切るのか釈然としないけどまぁいいや。そんな気もするし」

B「だろう?」

A「じゃあ、僕は夢を見ているんだ……」

B「そうさ。ここは君の夢の世界。だからここで何が起ころうと何を起こそうと、それは君の自由意思によって決定されるってわけ。言ってみればこの世界の創造主ってとこかな。それは格好よすぎか。ま、そんな感じ。分かったか?」

A「……なのになんで君の方が偉そうなんだろ」

B「それは君がそう思ってるからさ。人の上に立つよりも人の下でモソモソ動いてる方が性に合ってると思ってるから。だめだね。そんなんじゃ社会に出ても初級管理職がせいぜいだよ。負け犬根性が染み付いちゃってるんだ、あんた」

A「なんかムカついてきた。消えろ」

 シュン、と音がしてBが消える。

A「ふぅ。なんかスッキリしたな。でも、ホントに思い通りになるんだ。そっか、これが夢の力か」

?「ふふふ。それは違うんじゃないかな」

A「誰だ!」

?「いやいや誰だって言われても。君が呼び出したんじゃないの?」

A「そう言われるとそうかもしんないけど、別に呼んだ覚えもないし。やることないから、きっと話し相手が欲しい気持ちがあったのかも」

?「だったら消さないでよ……」

A「うん?」

?「いやなんでも」

A「…………」

?「…………」

A「……なんか、妙に気まずい気がする」

?「……僕も。あ、そうだ。僕にも名前つけてよ。カッコいいやつ」

A「じゃB」

B「うわ考えてない。あ、既にこのせりふのカッコの前もBになってるし」

A「なんだかよく分からないけど分かるから不思議だ」

B「もぉいいよBで。てゆーかBだし」

A「知ってたし」

B「……君、なんか人が変わったように冷たくなってない?」

A「慣れてきたからかな」

B「慣れは怖い。成れの果てには馴れなれしくなればいいけど――て、どうこれ?」

A「消えろ」

 シュン、と再びあっさりと闇に飲み込まれるB。

A「さて静かになった。けどやっぱり話し相手はいるな、うん。ここ何もないし。てか見えないし。今度は普通の人を…うーん。うーん。はっ!」

 ボーン、と。なんだかよく分からない効果音と共に人の気配が生まれ、声が聞こえる。

C「どぅも、Cでーす」

A「既にCとか名乗ってるし。テンション軽いし。てゆーか外人っぽいしっ!」

C「あなたの設定でーす」

A「うわ、うぜえ」

 ポシュン、と音がして消える。

A「これ本当に俺の意思働いてんの? 信じらんないし。けっこう自分不審」

D「人は誰しも一度は自己の存在意義を真剣に考える時がくる」

A「うわびっくり。突然出てくんな」

D「現在の自分とこれまでの成長の過程。出会いと別れ。卒業と失業。失恋と自己への失望」

A「さりげなく負の感情多いながらも韻を踏んでて上手いし」

D「ちなみに私は失恋中で失業中だ」

A「聞いてないし!」

D「君も失恋中だ」

A「うるさい」

D「私は事実を述べたまで。この世の真実を明るみに出すのが私の使命」

A「世間ではそれを余計なお世話って言うと思う」

D「馬鹿な!」

A「おまえが馬鹿だ」

D「むぅ……」

A「あ、図太そうで意外に繊細。自己紹介してみてよ」

D「必要であれば明かそう私の素性を。名前は恭子。おとめ座のO型で永遠の16歳。今が旬のぴちぴちの女の子――」

A「よし分かった。100歩譲って名前は強固。32歳のてんびん座のAB型オス。これでいこう。いやならDだ」

D「夢がないな。夢なのに」

A「うわ夢の住人に夢がないとか言われたくないし」

D「じゃあ君には夢があるのかな」

A「え、突然そんなこと言われても……」

D「ほらみたことか。ちなみに私には夢がある」

A「……自分が夢のくせに」

D「ん?」

A「いやなんでも。なに? 夢って」

D「この世界を我が物にすることだ」

A「うわ怖え。よく考えたらそれって人格乗っ取る宣言!? 起きたらあんたが俺の身体を支配してるってこと?!」

D「その通り」

A「否定しないし!」

D「ではさっそく」

 もそもそと、近くにいる(のだろう)Dが動く気配がする。

D「ふっふっふ……」

A「やめろ! その手に持った金属バットをしまうんだ! て、なんで見えないのに金属バットか分かるのかよく分からない俺。あ、自分がそう感じたからか! えーと、じゃあしまえそのムースポッキーを! いや、だったらしまわなくていいのか……えーととにかくうわぁぁぁああああっ!!」

 ゴン、と鈍い音がしてAが倒れる。でも夢は覚めない。

D「さてこの世界の支配者は私となった。とりあえず国づくりの基本は人だ。労働者だ。奴隷だ。話し相手も必要だ。寂しいから。えーと、とりあえずなんか出ろ人」

 ボシューン、と煙がもくもくと立ち上っているような特殊効果を感じながら2つの人の気配が生まれ出る。


  

                         (こんな感じで永遠に)続く

| おあそび | 2006-11-04 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。