| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

water light sound

DSC_0514.jpg

1年くらいやってみたテラリウム水槽ですが、植物のメンテナンスに根を上げて、フツーのアクアリウム水槽に戻しましたヽ( ´ー`)ノ

真ん中の丸太は海岸で拾ってきたもの。
エコです。

そして我が家の水槽に数年ぶりにグッピーを投入。
レッドディープホタルテトラの赤と、カージナルテトラの青と赤、まぁこれだけでも見栄えはいいんですけど、ちょっと色味を加えたかったので、グッピーの黄色をチョイス。

テトラは水槽の下の方を泳ぐから、上を泳ぐグッピーは全体のバランスもとってくれるというね。
でもこいつら、オスメス入れるとアホみたいに増えるから、入れたのはオスだけ5匹(´∀`)


DSC_0512.jpg

そして、夜は部屋の電気を消してこんな演出も。
水槽の上に霧を発生させて、メタルハライドのライトで一部を照射するという...

ふむ。久しぶりに満足のいく水槽の出来栄え(*´∇`)
スポンサーサイト

| terrarium | 2012-06-07 | comments:5 | TOP↑

≫ EDIT

うぃてさんd

ラプラタサンド

今日、つい先ほどまたADAショップに行きましてね。
先日更新の記事で書いた 品のあるADAの白砂 の発売日を聞いてきました。
12月13日入荷。
ふむぅ。新水槽のセットアップはまだ2週間後になりそうです( ・ω・)

ちなみにタイトルは「white sand」と打って「無変換」キーを押さなかっただけです。手抜きです。工数削減。自分エコです(笑


そして、前日買ったまるーい水槽なんですが、やっぱり四角いキューブ水槽の方が良かったかなとか、少し後悔を始めてたり(;´∀`)
フィルターと照明が一体化してるのは場所を取らずに魅力なんですけどね。
丸みがあって、中に生体が入った時にはっきり見えるのかなー、という。
生体がはっきり見えなかったら、水槽の意味ないですからね...

勢いで買うのもMONDAIだったと少し反省( T-T)

| terrarium | 2011-12-04 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

侘び草

これも侘び草の楽しみ方。

これも侘び草。
これも楽しみ方の1つ。

そして、侘び草を見れば見るほど、侘び草水槽を作りたくなってきました。
もう気づき始めてきたけど、俺の部屋、水と緑で溢れ返って来てる。
その内、自然に帰るんでしょうね...( ´ー`)


......



とまぁ、そんなバカなことはさておき、侘び草です。「わびくさ」と読みます。
ショップで侘び草水槽なんか見てると、これはこれでいいな、と感じてきます。


やばい。もう1つ水槽を立ち上げたくなってくる。
小さな四角いキューブ水槽で本格的なネイチャーアクアリウムを作りたく...

でも、もういい加減、場所がない。
ADAに転職したくなってきた(*´Д`)
1年は教育期間でも構わないw

| terrarium | 2011-11-30 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

image

image2.jpg

明日完成させる予定はないけど、新しい水槽のイメージはできた。

キーワードは「白砂」「侘び草」「角石」。

生体は「シュリンプ」と「アベニーバファ」。

「生体」を生かす「レイアウト」。

「シンプルレイアウト」。




以前、白砂を使った時に得た教訓は、セットしたら水槽をいじらない。

侘び草の土が白砂の上に混じったら台無し。

セットしたらいじらない。これが鉄則。

暴れる生体を入れない。これも鉄則。

だからエビも入れない。代わりにシュリンプ。

オトシンも我慢。



そして餌でも簡単に汚れるだろうから、簡単にリセットできるシンプルさが大切。



よし。イメージはできた。

明日ADA加盟店に行ってみよう。

| terrarium | 2011-11-29 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

机上の

水の音を楽しむ


先日飼い始めたアベニーバファが、まだ水槽を優雅に泳いでいてですね。
で、水槽の周りにいた小さい貝が姿を消しました( ̄▽ ̄;)

すげぇな、こいつ。
ホントに貝食ってんだな、と関心しつつも、やっぱり人工餌は食べないみたいなので、貝がいなくなった今、正に存亡の危機を迎えていたりします( -д-)
「これ誠に危急存亡の秋なり」です(笑
ま、これを知ってる人はそうとうマニアックな人だとは思いますが(  ̄∇ ̄)


それはさておき。
今考えているのは、このアベニーの隔離。
人工餌を食べないのであれば、冷凍の生餌を与えるしかないし、でも今の水槽に生餌は入れたくないし。
別水槽...今家に60cmと45cmの水槽が余ってるけど、こんなデカいのはもう部屋に置きたくないし。

...というわけで、昔から構想にはあったんですが、卓上に置けるような観賞用の入れ物をちょっと調べてみました(´∀`)



≫ Read More

| terrarium | 2011-11-25 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

ふぐを買う。そして飼う。

淡水のフグ

アベニーバファ、という淡水のフグです。

以前から気になっていて、今回お試しで入れてみたのですが...


やべぇ、こいつカワイイ(*´Д`)


実は混泳向きのこの魚。
でもお腹がすくと、他の魚をつつき出すらしい。
人工餌を食べないという触れ込みにも関わらず、お試しに入れてみた。

本当に人工餌食べないのかな。
水槽の中の貝食べないかな。そうすれば一石二鳥なのに。


アベニーだけの小さな水槽立てようかな...



しばらく様子見です( ・ω・)

| terrarium | 2011-11-20 | comments:6 | TOP↑

≫ EDIT

アクアテラリウム計画 -5-

苔玉も作ってみた

アクアテラリウム計画5回目の更新、というか前回で完成してしまっているので、番外編です(´∀`)

ガーデン館を回っていた時に自分で作ってみたくなった苔玉。
100円の苔玉に100円の受け皿。168円の植物2つを組み合わせて作ったのがコレ。

部屋にこんなのが1つあるだけでもいいものです。

お手軽で、簡単に自分好みに作れて、個性も表れる。


さぁ、皆さま。お部屋におひとつどうでしょう(*^ー゜)b

| terrarium | 2011-07-10 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

アクアテラリウム計画 -4-

7月9日(土)...土曜日?
そこが気になってカレンダーを見たらまだ6月だったのでめくりました(;´∀`)

さて気を取り直して7月9日土曜日です。
午前中はホームセンターのガーデン館めぐりをして、水槽レイアウトに必要な観葉植物を見て回りました。
いやぁ、植物っていいね。
1時間くらいフラフラしながら、あの緑とあの緑を組み合わせるのがいいか、でもあっちは深みがある緑だし、水生植物なら水槽の中に入れてもいいのか...とかとか。
水槽全体のレイアウトを考えながら、鉢に組み合わせる植物のバランスを考えるのは楽しいのです(´∀`)
飽きないね。飽きない。
今さらながら、こっち方面の職業もいいな、とか思っちゃうわけです。

買い物ついでにマスカットに寄りつつ、半袖ワイシャツを大量購入。

もうこの夏は長袖なんか着てられん( ゜Д゜)

というわけで、去年までは1着もなかった半袖ワイシャツ。
こないだ3着買って、今日また3着購入。
で、地元のマスカットが改装閉店するということで在庫処分セール中。
...ネクタイ2つと靴下4つも買って6,000円。
いつもならネクタイ1つで5,000円とかの商品。
うむ。とっても満足。久しぶりにお得感を堪能した買い物でした(≧∇≦)


植物を鉢植えした

さて、話を戻してアクアテラリウムです。
帰ってさっそく土いじり。
鉢3つに寄せ植えして、部屋にあった植物も全て玄関に集めた写真が上の1枚。

ここまで緑が集まると気持ちいい。
気温37℃の中でも、この緑を見ていると何だか涼みますわd(´∀` )


で。
これらの植物たちを水槽の中にセットして、いよいよ水槽に水を流入。
アクアリウムとなんちゃってテラリウムが混在した水槽がこちら。

アクアリウム部分も完成

まぁ、今までの写真もそうなんですけど、光が入り込んで上手く撮れないんですよね(・ω・`)
でも完成度には満足です。
1週間のバケツ生活をしていたエビと熱帯魚も無事水槽に戻っていきました。

そして、今回の水槽のテーマの1つ。
「水の音を楽しむ」

水の音を楽しむ

...完璧(*´Д`)

これは水槽の上から撮った写真ですが、2つ上の写真で言うと右端の高くそびえている流木。
この上から循環した水が垂れ落ちてきて、流木のくぼみを通って石に当たって水面に落ちるという...

水量調節できるフィルターを使ってるので、自在に音を変えることもできてしまうわけで...


うむ。
仕事でもこれほどの達成感と満足感を味わったことはない(  ̄∇ ̄)

| terrarium | 2011-07-09 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

アクアテラリウム計画 -3-

DSC_0017.jpg

昨日の休日出勤前に地元のフラワーガーデン的な店で買ってきた植物をまずはぽっとはめてイメージの確認。




...うん。
なかなかじゃないd(´∀` )
後でちゃんとレイアウト組みするけど。

観葉植物とかいいながら、左のは「山もみじ」。


今日は帰ってから、排水周りのホースをいじってました。
フィルターからの排水ホースを2つに分岐して、1つは水中の流れを作るように流木に上手く隠して水中に回し、もう1つは「く」の形に折れた接合パイプを使って、流木から石に水が垂れ落ちるように組んだりして。
ま、果たして上手くいくものやら(;´∀`)


明日は、植物周り含めて完全なレイアウトを組んで水槽に水を入れる予定。

...果たして上手くいくものやら(;´∀`)

| terrarium | 2011-07-09 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

アクアテラリウム計画 -2-

暗い。。。

さて、こんな感じとなりました。
写真、暗くて見えにくいですが、水槽の奥行き1/3ほどを木目調コンクリートの石(ホームセンターで980円)で区切り、その向こう側に鉢3コを置いています。
右側の盛り上がっている所は、流木と石で組んだ高台。上から水を垂れ流す予定。


...どうでもいいけど、暗くて見えないな(  ̄∇ ̄)

まぁいいさ。
明日は午後から日曜出勤になったし(人が休んでる間に勝手に商談予定入れるんぢゃねぇ)、午前中にガーデン館的な店を回って、植物の物色をすることにしよう。

そして、今考えているのは、水槽周りの緑化計画。
これは第2弾としての計画ですな(´∀`)

| terrarium | 2011-07-07 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

アクアテラリウム計画 -1-

まずはこんな感じで組んでみた

アクアテラリウムへの道。
ちょっと考えた結果、やっぱり自然状態のテラリウムを作るのは非常に難しいと判断しました(;´∀`)
どう考えても、メンテナンスが大変。
植物は今、自分の部屋で小さな鉢とかで育ててるのはあるけど、これを水槽の中で作ろうと思ったら、土を水槽に入れるわけでしょ? 当然アクアリウム部分では熱帯魚が泳いでるから、水質を整える必要があるし、でもアクアリウム用のソイルで植物を育てられるわけじゃないし、じゃあ陸地部分はフツーの土? それが水に混ざったら絶対熱帯魚に悪影響が出るわけで、水も絶対汚れるし、それに植物が枯れてやり直す度に土を掘り返すの?

...考えてたら、絶対2ヶ月後くらいにはリセット掛けたくなるような惨状が目に浮かんだのでやめました。


といっても、水槽に植物を入れる形はやりたい。
というわけで考えたのは「なんちゃってアクアテラリウム」です(`・ω・)ノ

イメージは簡単。
テラリウム部分の植物は、鉢を水槽に入れて、アクアリウムとテラリウムを完全に分けてしまえばいい、という発想。
1+1=2。
アクアリウムとテラリウムを足せばアクアテラリムです。


といっても、今回自分がやろうとしている陸地部分は、鉢を入れるだけだから、やっぱり「なんちゃって」なわけですが(  ̄∇ ̄)


テラ部分の材料。

まずはダイソーでこんなものを買ってきました。
100円が9点で900円です。
うーん。リーズナボー。

まぁ、これは何かと言いますとね。
今回、水中に鉢をいれちゃえばいい、と考えたまでは良かったんですが。
そう簡単に思惑通り事は進まないということが出向いたホームセンターで分かりました。

水槽に鉢を入れる大前提として、鉢の中に水槽の水が入らない、なんです。
鉢の中の土が水に触れたら意味がないから。
でも、鉢ってのは水はけをするために大体穴が開いている。
ということは、そのまま水槽に入れられない。

おー、なんてこったい。
というわけで、ホームセンターにいてもしょうがない。100円ショップであれこれ組み合わせを考えようと出向いたわけです。
で、水はけが出来て、でも水槽の水が鉢には触れないで、水槽のサイズと入れもののサイズの関係とか、次回に話題を持ち越す鉢を隠すための石の高さとか、色々とサイズを考えて頭の中で設計図を描いて購入したのが上の9点。

こっからはざっくり。
まずプラのケースの底に網のケースを置きます。

プラケースの中に水はけ用の網を置いて

で、網の上に鉢をスポッとハメる、と。

これを3つ作る

このケースと鉢の組み合わせでぴたっとサイズが一致した時は、これが正解でこれが1つの製品なんじゃないかと疑いました(笑
鉢の底に水はけの穴が開いていて、その水は網のケースを通って、プラケースの底にたまるという形。

で、これを3つ作って、水槽の背面にセット完了ヽ( ´ー`)ノ

そして水槽の後方に

こんな感じです。
後は、鉢が見えないように石の壁で覆い隠せば、あたかも奥の陸地から植物が茂っている世界が表現できると、そんなあんばいです(*^ー゜)b

鉢の土は絶対アクアリムの水に触れないから水を汚さないし、プラケースごと取り出して植物だけを変えるということも容易。
観葉植物のメンテナンスに自信がない自分にも、植物部分のリセットがやりやすいというね。


というわけで、とても疲れた2日間でした。

余談ですが、スマホのMicroSDを32GBに変えて動画と音楽を入れまくった(`・ω・)

| terrarium | 2011-07-05 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

癒しの演出



なんかもぅ、アクアリウムに対する飽くなき向上心です。

今回の改善点は水槽の背景ですね。
今までは黒い遮光のシートを張って、上から照明で照らしていたわけですが、全体的な暗さは否めなかったわけです。
今回、その黒いシートを剥がして、PPクラフトシートを貼り付け。照明をクラフトシート越しに、水槽の背面から照射することによって、水槽全体を明るく演出することにしたわけです。
ミスト水槽という背面のガラスがぼやけているものはあるんですが、これは普通の水槽をミストっぽく見せるという手法。色んな方がやられているのでマネてみましたd(´∀` )

ちなみに、今までの水槽はこんな感じ。

水槽りにゅーある

画像は2ヶ月前に立ち上げなおした同じ水槽。背景の明るさが全然違うのが分かりますな( ̄ー ̄ニヤリ

あと、これは水槽を上から撮影したもの。

aqua02.jpg

アロマミストのミストが水槽に流れ込むように設置したので、水面の上は霧が発生していたり。
霧が水槽からこぼれていく様も美しく――
また、今回はテラリウム的な要素も取り入れ(アロマミストの霧が水上を漂うようにしたのも)、水上に飛び出ている流木にウィローモス(苔)を張り付けて、2台目の予備フィルターの排水口を流木の上に位置させることで、水が流木を滴り、その水が水面を叩く音を楽しむこともできたりと...(*´∇`)


...なんかもう、行き着いた感がありますが、きっとまだまだ手間とお金をかけていくんでしょうね(;´∀`)
勉強して始めたというより、やりながら試行錯誤して改善してきているので、今までにかけたお金を計算するのは怖いですな(・∀・;)
きっとボーナス1回分くらいは使っているはず(;´∀`)

| terrarium | 2010-05-16 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。